NPO法人 奥州しんじょう どんぐり

ごあいさつ
MESSAGE

大切にしたい、それは介護よりも支援。
いつまでも健康でいたいという思いにこたえるには、
お買い物などの普通のことができるよう、健康な毎日への支えが大切。
暮らしをサポートするサービスが、あなたのご近所で始まりました。
理事長 千葉 博美
大介護時代を迎え私どもは「本当の介護とは何か」を原点に立ちかえって考えました。
それは「介護からの卒業」です。
普通の家庭でもぶつかる不自由を克服できれば、自宅で長く自信を持って暮らすことができる、外出もできる。このようなことを目標に掲げて参ります。
事業者側の考えで過剰なサービスを設定して、かえって自立を妨げていないか。これをチェックすることが必要ではないかと考え、様々なプログラムを導入する予定でおります。さらに肝要なことは「資格も大切なことですが、人柄を大切」であります。プログラムも楽しい旅行やお買い物、パンを作って孫のお土産になど。とにかく「今よりももっと元気に自信を持って頂きたい」「明るく楽しく元気良く」そんな「どんぐり」を形成していきたいと思っております。